お客様の四輪アライメントに関するお悩みを解決します。
四輪アライメントの調整が必要な症状。

・ハンドルのセンターがズレている
・加速中に左右どちらかに車が流れる
・曲がる時、右と左で動きに差がある
・走行中、いつも左右どちらかにハンドルが取られる
・車高をローダウンやハイリフトにしている
・タイヤに極端な片減りがある

こんな症状が表れても、“四輪アライメントテスター”という測定機を使い調整すれば、
ベストコンディションにすることができます。

四輪アライメントの重要性

タイヤと地面の接地面積は、タイヤ1本=大人の手の平程度しかありません。
現実に、車はたったそれだけの路面との接地面積で、止まったり、走ったり、曲がったりして、乗車している人の命を運んでいるのです。そう考えると、どれだけタイヤに負担がかかっているか、どれだけ重要なパーツか分かると思います。そして、自動車にとって大事なタイヤの動きを決めているのがサスペンションです。つまり、車をできるだけ安全に走行させるためには、人間の命を乗せている“タイヤ”と“サスペンション”という二種類のパーツが重要なのです。

四輪アライメントとは、四つのタイヤの角度を適正な状態に揃えることをいいます。
メーカーから出荷されたばかりの自動車のホイールアライメントは、各メーカーの基準値になっています。
しかし、走行中にタイヤに強い衝撃が加わるなどの原因で、アライメントは次第に狂ってしまいます。また、サスペンションやその周囲のパーツを交換すると、必ずアライメントの数値に狂いが生じてしまいます。それにより、タイヤの片減りや段減り、ハンドルの流れ・位置のズレ、走行の不安定などの症状が現れます。
このような、アライメントの狂いから生じた症状は、どんな走行状態から来る偏磨耗や走行不安定なのか、原因により危険度が大きく違うのです。

四輪アライメントテスターBダイナを選んだ理由

・測定が正確かつ短時間で可能
・ドライブON方式による車両セット
・車両をリフトアップ、ジャッキアップせずに調整可能
・タイヤを回転させながらの測定、調整が可能

一般の四輪アライメントテスターと「Bダイナ」の違いは、何といっても再測定の容易さと、試乗によるハンドル位置や走行フィーリングの確認のしやすさにあります。
しかし、このBダイナによる測定にも万が一ということがあるため、「測定⇒調整⇒試乗」を繰り返すことで最終的な確認としています。

四輪アライメントの測定料金
国産乗用車 国産スポーツカー 国産RV 車
¥25,000 ~ ¥30,000 ~ ¥33,000 ~

※車種や調整箇所によって作業時間が異なります。
※シム調整タイプの車両は別途お見積りになります。

四輪アライメント調整は車種により価格が異なりますのでお問い合せください。

お問い合わせ

サーキット走行における四輪アライメントの重要性

同じ車、同じサスペンションでも、四輪アライメントの調整次第で、まるで別の車のように走りを変化させることができます。誰がどんな車でどこを走ろうとも、4つのタイヤで路面を捕まえ走行していることに変わりはありません。その4本のタイヤ1本1本の性能を十分使いきって走行することが速く走るための条件ではないでしょうか。
また、それは同時に街乗りで安全に走行するための条件でもあると思います。

サスペンションには多くのタイプが存在します。
例えば、F1のタイヤの角度とタイヤの減り方をよく見てください。ストレートでもコーナーでも、路面に対してタイヤの接地面積や角度があまり変化しないようにセッティングしています。
当社では、四輪アライメントを測定し、現状のアライメントデータとタイヤの磨耗状態を確認します。そして、どのような調整を行うか、ドライバー(お客様)と綿密に打ち合わせを行います。
以前、アライメント数値の設定を変えただけでサーキットのタイムが1秒以上縮まったと、喜びの声をいただきました。サーキットへのなれもあるのでしょうが、サスペンションも含む、その方にあった四輪アライメント数値に調整できたことも大きな理由だと思います。その直後のタイヤチェックでは、タイヤの接地面が均一に磨耗していました。調整に間違いがなかったことを確信し、とても嬉しかったことを覚えています。
ただし、ドライバーによりドライビングスタイルが違うので、調整方法は一概に同じではありません。スタイルは人それぞれですが、安全に少しでもタイムを縮めたいと思うなら、1度自分の車の四輪ホイールアライメントはどうなっているのかを正確に知るべきだと思います。
基本的にコーナーウエイトや基準四輪アライメントは、きちんと工場で決めた上で現地調整するのがベストだと思います。どんなに高価なサスペンションを装着して、バンプ・リバンプを調整しても、肝心なタイヤと合致していなければ性能を発揮しきれないのです。
“1 秒未満”のタイム争いとなれば尚のこと、四輪アライメント設定をチェックするべきではないでしょうか。サーキット走行における基本的な点検は、事前に必ず行ってください。

サーキットのテクニカルサポートも行います。詳しくはお問い合わせください。
ボディファクトリー荻野についてもっと知りたい方はこちら